27763円 MARANTZ ネットワークCDレシーバー M-CR612/FB ブラック テレビ、オーディオ、カメラ オーディオ機器 オーディオアンプ その他オーディオアンプ 27763円 MARANTZ ネットワークCDレシーバー M-CR612/FB ブラック テレビ、オーディオ、カメラ オーディオ機器 オーディオアンプ その他オーディオアンプ ブラック,27763円,MARANTZ,テレビ、オーディオ、カメラ , オーディオ機器 , オーディオアンプ , その他オーディオアンプ,ネットワークCDレシーバー,/event/evm11/40592.html,M-CR612/FB,suv.reviewitonline.net ブラック,27763円,MARANTZ,テレビ、オーディオ、カメラ , オーディオ機器 , オーディオアンプ , その他オーディオアンプ,ネットワークCDレシーバー,/event/evm11/40592.html,M-CR612/FB,suv.reviewitonline.net MARANTZ ネットワークCDレシーバー M-CR612 ブラック FB 与え MARANTZ ネットワークCDレシーバー M-CR612 ブラック FB 与え

MARANTZ ネットワークCDレシーバー M-CR612 ブラック FB 与え スピード対応 全国送料無料

MARANTZ ネットワークCDレシーバー M-CR612/FB ブラック

27763円

MARANTZ ネットワークCDレシーバー M-CR612/FB ブラック

お取り寄せの場合の納期目安:未定(8/26現在)

・HEOSテクノロジーを搭載した先進のネットワークオーディオ機能
・DSD amp;ハイレゾファイル再生対応(ネットワーク/USBメモリー)
・パラレルBTL機能が追加された4chスピーカー出力

HEOSテクノロジーを搭載ワイヤレス・オーディオシステム「HEOS」のテクノロジーを搭載することでネットワーク機能を大幅に強化。セットアップ、操作は無料のHEOSアプリで誰でも簡単に行えます。ストリーミングサービスやインターネットラジオをはじめ、ローカルネットワーク上のミュージックサーバー(NAS / PC / Macなど)やUSBメモリーに保存した音源やスマートフォン、タブレット、Bluetoothreg;機器など、多彩な音源を再生できます。さらに同一のネットワークに接続した他のHEOS搭載デバイスにM-CR612で再生中の音楽を配信することもできます。5.6 MHz DSD ハイレゾ音源対応ローカルネットワーク上のミュージックサーバーやUSBメモリーに保存したDSDファイルやハイレゾ音源の再生に対応しています。DSDファイルは5.6MHzまで、PCM系ファイルは192kHz/24bitまで再生することができます。さらに、DSD、WAV、 FLAC、Apple Losslessファイルのギャップレス再生にも対応。クラシック音楽や、ライブ盤などを聴いても曲間で音が途切れることがありません。約2倍のスピーカー駆動力を実現 パラレルBTLドライブ新たに搭載された新機能「パラレルBTLドライブ」。これまでバイワイヤ接続に対応していないスピーカーに対してはシングルワイヤ接続で2組のアンプを用いて駆動する通常のBTLドライブしか使用できませんでしたが、パラレルBTLドライブでは接続はシングルワイヤのまま、4組のアンプ全てを用いてスピーカーを駆動することが可能になりました。その結果、アンプのスピーカー駆動力の指標となるダンピングファクターは通常のBTLドライブに比べ約2倍に向上。中低域の量感と締まりを両立した低音再生を実現しました。
スペック●【CDプレーヤー部】:●再生周波数特性:10 ー 20 kHz●ワウ・フラッター:測定限界 (±0.001 % W. peak)以下●【オーディオアンプ部】:●定格出力:50 W + 50 W(6 Ω、1 kHz、THD 0.7 %)●実用最大出力:60 W + 60 W(6 Ω、1 kHz、THD+N 10 %、JEITA)●適合インピーダンス:4 〜 16 Ω●入力感度/入力インピーダンス:200 mV / 30 kΩ(Analog In)●全高調波歪率(1 kHz、5 W、6Ω):0.1 %(Analog In)●S/N比(10 W、6Ω、IHF-A):90 dB(Analog In)●Dynamic Bass Boost:+8 dB(100 Hz)●トーンコントロール:低音 ±10 dB (100 Hz)、高音 ±10 dB(10 kHz)●周波数特性:10 Hz 〜 40 kHz(±3 dB)●音声入力端子:アナログ ×1、光デジタル ×2、●音声出力端子:アナログ(固定/可変) ×1、サブウーハープリアウト ×1、ヘッドホン ×1●その他の端子:ネットワーク ×1、USB-A ×1(リア)、FMアンテナ入力×1、AMアンテナ入力×1●【無線LAN】:●ネットワーク種類:IEEE 802.11a/b/g/n準拠(Wi-Fireg;準拠)●セキュリティ:WEP 64bit、 WEP 128bit、WPA / WPA2-PSK(AES)、WPA / WPA2-PSK(TKIP)●無線周波数:2.4 / 5 GHz●【Bluetooth】:●バージョン:3.0 + EDR●対応プロファイル:A2DP 1.2、AVRCP 1.5●対応コーデック:SBC●送信出力:Class 1●通信距離:約30 m(見通し距離)●【チューナー部】:●受信周波数帯域:FM 76.0 ー 95.0 MHz、AM 522 ー 1629 kHz●【総合】:●消費電力:55 W●待機電力:0.3 W / 4 W (ネットワーク制御・オン)●付属品:かんたん設定ガイド、取扱説明書、リモコン(RC014CR)、単4形乾電池×2、FM室内アンテナ、AMループアンテナ、電源コード●最大外形寸法:W280 x H111 x D303 mm●質量:3.4 kg
※複数商品をご注文いただいた場合、すべてご用意ができ次第の発送となります。※こちらの商品はお一人さま1点限りとなります。同一お届け先への複数注文、同一名義による複数注文等、当店が転売目的と判断した場合、ご注文を取消しさせていただく場合がございます。


MARANTZ ネットワークCDレシーバー M-CR612/FB ブラック

Latest News新着情報

    イベント

    電波ばく露レベルモニタリングシンポジウム

    2021年11月19日

    本シンポジウムでは、本研究のこれまでの取り組みをご紹介し、パネル討論にて課題と期待される成果及び将来への展望について有識者の方々に議論していただきます。

    続きを読む
    イベント

    「ICTイノベーションセミナー2021in東海」開催のご案内

    2021年11月18日

    このたび、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)は総務省東海総合通信局、東海情報通信懇談会と共催により令和3年12月3日(金)、「ICTイノベーションセミナー2021 in 東海」を下記のとおり開催します。
    本セミナーでは、NICTから機構の活動全般を紹介する特別講演及び地域連携・社会実装に向けた活動のご紹介をメインとした第2部の講演、総務省からは電波政策に関する講演及び戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の研究開発成果の発表を行います。

    続きを読む
    お知らせ

    超低周波音(インフラサウンド)観測データの追加公開

    2021年11月12日

    国立研究開発法人情報通信研究機構は、観測している超低周波音(インフラサウンド)データをオープンデータ化し、6月から日本気象協会のWebサイト『インフラサウンド・モニタリング・ネットワーク』を通じて、他機関の観測データと共に公開を開始しました。

    続きを読む
    お知らせ

    「Beyond 5G研究開発促進事業」に係る令和3年度新規委託研究の公募(第3回)における基幹課題の結果

    2021年11月11日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、Beyond 5G研究開発促進事業のうち、令和3年度新規委託研究の公募(第3回)における基幹課題(追加1課題)について、採択しました。

    続きを読む
    プレスリリース

    実践的サイバー防御演習CYDER「オンラインAコース」の提供を開始

    2021年11月9日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、実践的サイバー防御演習CYDERの「オンラインAコース」について、本日から提供を開始しました。本コースの提供により、時間的・地理的要因等で既存の演習への参加が困難であった方も、Webブラウザを搭載したパソコンとインターネット接続環境を用いることで、サイバーインシデント対応をご自宅や職場から体験することが可能となります。CYDER「オンラインAコース」についての詳細等は、CYDER公式Webサイトにてご確認ください。

    続きを読む
    お知らせ

    大阪大学及び九州工業大学との高信頼・高可塑Beyond 5G/IoTテストベッド等に関する研究協力

    2021年11月5日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長:徳田 英幸、以下「 NICT」)は、国立大学法人大阪大学(総長:西尾 章治郎)及び国立大学法人九州工業大学(学長:尾家 祐二)のそれぞれと高信頼・高可塑Beyond 5G/IoTテストベッド等に関する研究協力を行う覚書を締結しました。本研究協力により、大阪大学の吹田キャンパス及び豊中キャンパス、並びに九州工業大学の戸畑キャンパス及び飯塚キャンパスに、高信頼・高可塑Beyond 5G/IoTテストベッドを構築し、委託研究先等に提供していくことにより、産学連携共創を推進していきます。

    続きを読む
    イベント

    「アイデアソン+仙台2021」オンライン開催のお知らせ

    2021年11月5日
    「まちの魅力発信/住みやすいまちに活かすオープンデータ」をテーマに一日半のアイデアソンを開催します。

    東北の魅力発信、地域課題解決にオープンデータを利活用した新しいアプリやサービスを検討・提案したり、必要なオープンデータの提案を行うアイデアソンを完全オンラインで開催いたします。
    東北地域の未来づくりみんなでトライしませんか。奮って応募願います!

    続きを読む
    お知らせ

    おおたかどや山標準電波送信所の航空障害灯更新に伴う停波のお知らせ

    2021年11月4日

    NICT(理事長: 徳田 英幸)は、法律※に基づき、標準電波を発射し、標準時を通報する業務を行っています。標準電波は福島県の「おおたかどや山標準電波送信所」及び佐賀県と福岡県の県境に位置する「はがね山標準電波送信所」から送信されています。このたび、福島県の「おおたかどや山標準電波送信所」について、老朽化した航空障害灯の更新に伴う一時的な停波を、下記の日程で行うことを予定しています。

    続きを読む
    お知らせ

    太陽面で大型のXクラスフレアを観測

    2021年10月29日
    ~太陽X線強度は発生前の100倍以上、地球への影響は日本時間30日午後から31日~

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、日本時間2021年10月28日(木)の深夜に、太陽面中央に位置する黒点群2887において、大型の太陽面爆発(フレア)現象の発生を確認しました。このフレアは、日本時間29日(金)の0時35分に発生し、最大X線強度はフレア発生前の100倍に及ぶ大型のものです。この現象に伴い、高温のコロナガスが地球方向に噴出したこと及び高エネルギーのプロトン粒子の増加が確認されました。コロナガスは日本時間10月30日午後から31日(日)の間にかけて到来・通過することが予測されています。

    続きを読む
    お知らせ

    「Beyond 5G研究開発促進事業」に係る令和3年度新規委託研究の公募(第2回)の結果

    2021年10月29日
    — Beyond 5Gシーズ創出型プログラム及びBeyond 5G国際共同研究型プログラム —

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、Beyond 5G研究開発促進事業のうち、令和3年度新規委託研究の公募(第2回)におけるBeyond 5Gシーズ創出型プログラム及びBeyond 5G国際共同研究型プログラムについて、採択しました。

    続きを読む
    プレスリリース

    「Beyond 5G研究開発ワークショップ(仮称)」の開催及び新たなBeyond 5G研究開発課題に関する提案募集

    2021年10月29日

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)は、Beyond 5G研究開発促進事業における新たな研究開発課題の設定に向けてワークショップを開催します。また、これに先立ち、ワークショップでの検討の基礎情報となる新たなBeyond 5G研究開発課題に関して、2021年10月29日(金)から2021年11月26日(金)まで、提案を募集します。

    続きを読む
    お知らせ

    NICTの窒化物超伝導量子ビット論文が、Communications materialsのFeatured image highlightに選定

    2021年10月26日

    2021年9月20日(月)に出版されたNICTの窒化物超伝導量子ビット論文が、Communications materials(Nature Research出版社が提供するオープンアクセス・ジャーナル)のFeatured image highlightに選ばれ、Webメイン画面に、窒化物超伝導量子ビット回路の光学顕微鏡写真が掲載されました。

    続きを読む
    お知らせ

    ひまわり8号で夜光雲を観測する手法を開発

    2021年10月25日

    電気通信大学、情報通信研究機構、明治大学、国立極地研究所、九州大学らの研究グループは、静止気象衛星ひまわり8号による全球画像の地球周辺部に着目することで、高度80-85 km付近に発生する夜光雲を高感度で観測する手法を考案、同手法をリアルタイムのひまわりデータに適用するシステムを構築しました。

    続きを読む

News Listニュース一覧

  • 新着情報
  • プレスリリース
  • お知らせ
  • イベント
  • 受賞
  • 新着2021年11月18日
    開催日:2021年12月3日(金)会場:会場:名古屋工業大学4号館ホール 定員:100名
    (名古屋市昭和区御器所町)
    https://www.nitech.ac.jp/access/campusmap.html
  • 2021年11月5日
    開催日:2021年12月4日(土)2021年12月5日(日)会場:【オンライン実施】
     オンライン会議ツール(slackやZoom)を使用し、イベントを進めます。そのため、参加者にはネットワーク接続環境と、ご自身のPC の準備をお願いします。
    (タブレットやスマホでも参加可能ですが、ツールの使用が制限される可能性があります。)
  • 新着2021年11月19日
    開催日:2021年12月16日(木)会場:オンライン開催(Zoomウェビナー)
    参加申込みされた方に当日の接続先情報をご案内します。

Pick UPサービス・アプリ